野生の学舎〈ソローヴィアン〉2019、ご参加ありがとうございました!


7月11日に行われた『野生の学舎〈ソローヴィアン〉2019 −ヘンリー・ソロー生誕202年前夜祭−』
4回目となった今年も、熱狂の宴を無事に終えることができました。

まずは何より主宰の今福龍太さん、今回ゲストでお越し下さった映像人類学者の川瀬慈さん、ダンサーの高橋由佳さんに深く感謝申し上げます。
また、はるばる霧中の祖谷までお越し頂いたすべての "ソローヴィアン" の皆様、本当にありがとうございました。
皆様と祖谷の夜霧とともに踊りながら、既知の世界の外側へ入り込むような、またとない一夜をご一緒できました。

そしてあの一夜からすでに数日が経った今、久しぶりに1人に戻って夜のカエルの大合唱に包まれながら、あれほどの夜についてこれ以上ここに書くべきことが思い浮かびません。
あるとすれば、普段はこんなにもただただ1人のなにもない場所で、準備から片づけまで近しい方々のたくさんの助けと熱意があってこそ、あれほどの宴をなこちで催すことができたということを付け加えたいと思います。

また来年の7月11日、ソロー生誕前夜に再び祖谷でお会いできることを願っています。

なこち
稲盛



















*そんな中、今日、タイムリーに川瀬慈さんの著書『ストリートの精霊たち』が、第6回鉄犬ヘテロトピア文学賞に決定というニュースがありました。

おめでとうございます!





______________________________________